中国入国ビザにつきましてご案内致します。2015年1月になり中国大使館及び在日中国大使館より中国入国ビザに関する注意喚起が発信されております。渡航目的が技術指導や機械の納品、保守などが含まれる場合は就労Zビザが必要になる可能性がございます。