アモイ 土楼(円形建築)の観光案内

福建土楼は、2008年にユネスコの世界遺産に登録されました。

土楼(円形建築)の世界遺産の碑

アモイから車利用で3時間ほどかかります。

ちょっときついですが、日帰りツアーがあり、ホテルまで車が迎えに来てくれます。

場所はアモイの西の方角の山岳地帯です。

12世紀から20世紀にかけて建築されました。

アモイ 土楼(円形建築)

3階建てから5回建てで、入り口は一つだけです。

その入り口も鉄板で頑丈に補強されています。

アモイ 土楼(円形建築)

この円形の独特の建物は、盗賊から防御する目的で作られました。

アモイ 土楼(円形建築)

この円形建造物は、1か所に集まっているのではなく、点在しており、全部で46棟ある聞いています。

一つの建物に80以上の家族が暮らしていたそうです。

アモイ 土楼(円形建築)の内側

中の様子は写真の通りです。かなり広いです。

アモイ 土楼(円形建築)の内側

今は、観光客向けの色々なお店が一階に入っています。

その中に一つのお茶屋さんに入ってみました。

店主さんが、いろいろなお茶を入れてくれて、味見をさせてもらいました。

お茶屋さんでお茶を試飲する

一般的なお茶の作法を見ることができます。

急須に熱い湯を入れて温め、お湯を捨ててから茶葉を入れます。

そこにお湯を入れて待つこと約10秒。この最初のお茶を捨ててしまいます。

それから、もう一度お湯を入れて蒸すこと30秒、これを小さなおちょこの様な茶器で飲みます。

色々な種類のお茶を試飲して、口に合ったものを選ぶことができます。

お土産にちょうど良いです。 私も何種類か買いました。